海外留学

オーストラリアでスーツケースをバスに放置した話ー私の失敗談

リナ
皆さん、海外旅行中や留学中に何かを落としたり放置してしまったりした経験はありますか?
僕は、旅行の時にかなり気を付けてるから、まだ経験ないなあ、
カエル君
リナ
えらい!
日本は世界でトップレベルに治安が良い国で、財布を落としても60%以上の確率で手元に帰ってくるんだって!
では、オーストラリアではどうでしょう?

 

 

オーストラリアでスーツケースをバスに放置した話

2度の海外生活を経験し、なんだかんだ海外で不自由なく生きていける人間にはなった私ですが

 

留学経験中にたくさんのやらかし経験失敗もしてきました。

 

今回は、母とオーストラリア旅行に行った時の『やっちゃった~』話をお話しします(^^)

 

スーツケースをバスに放置した話

母がオーストラリアに到着後、シドニーを旅行して、ゴールドコーストの動物園に行く予定になっていました。

 

動物園の後にはその足で、ブリスベンでお世話になったホストファミリー宅でディナーの約束があり、お土産が大量に入ったスーツケースをもって動物園に行くことになりました!

 

いざ!動物園へのバスへ乗り込み出発!

 

その時のバスの乗客が、私と母だけだったのはなぜかはっきり覚えています!

 

日本のバスもそうですが、オーストラリアのバスにも(日本より少し大きいけど)キャリーを置く用の台がバスに設置されています。

 

日本のバスよりオーストラリアのバスは揺れるので、私たちは台にスーツケースを置いて座っていました。

 

もう予想はつくと思いますが、
台に置いていたスーツケース丸々ひとつを、バスに放置して私と母はバスを降りてしまったのです!!!!

 

降りてすぐ気づけばよかったのですが、気づいたのはバスを降りてから数十分後。

 

バスを追いかけるにも、今どこにいるやら、、、、と言った状況。

 

英語が喋れない母と、英語を学んできた私
私が、なんとかしないといけない状況はあきらかでした。

 

この時の私の心境といったらもう、、、頭まっしろ。完全パニック状態。

 

それもそのはず、私は日本で忘れ物をあまりしないタイプで、人生であまり遭遇しないシチュエーションに頭まっしろ(+英語で対応しないといけない)

 

幸いにもスーツケースの中身はホストファミリーにあげるお土産が盛り盛りと入っているだけだったので、母は『最悪見つからなくても大丈夫!』と言ってくれましたが

 

私は、母がせっかく日本から持って来てくれた日本の大量のお土産を無駄にしてしまった。という思いで泣きそうでした。

 

そこから、同じバス停で次に到着したバスのおっちゃんに話かけても、英語の訛りも強すぎて何言ってるかわからない、そして伝わらないで、もう泣きべそ状態、、、
あ~オーストラリアの空はなんてきれいなんだ、、、、(オーストラリアの空や景色は携帯で写真を撮っただけで、ハガキにできるほどキレイです。)

 

そんな時母が『エージェントは???』と一言。

 

わたしは留学エージェントを通してワーホリをしていたので、それだーーーーーー!!!となり、すぐさまエージェントへ電話をしました。

 

 

オーストラリアの治安の良さに感謝

結果的に、ただただエージェントの方の頑張りでスーツケースは私たちの手元に戻ってきました!(涙)

 

どのように見つかったかというと
エージェントの方に電話したあと、担当の方がすぐにバス会社に電話をしてくださり「まだバスはどこかを走ってる状態だからわからない。」とのことで連絡が来ました。

 

私たちは、「まあ、盗られてもしょうがない!」という精神で待っていましたが、数時間後にエージェントから連絡が!!!

 

『スーツケースあったみたいだから、バスが車庫に到着したら取りに来て欲しいそうです!』

 

まじですか〜!!!!!

 

私と母、感動で本当に感謝感謝の涙でした。

 

結局、エージェントの方がスーツケースのありかを問い合わせてくれている間、私たちは手ぶらで動物園を楽しんでおりました!笑

 

そして、夕方に動物園を出発して、バスの停留所(車庫)まで行きスーツケースを受け取りに行きました。

 

関係者しか入れないバス車庫の敷地内に入っていったら、状況を知らない女の運転手さんが怒鳴ってきてびっくり!
『何やってんの!ここ入っちゃいけないよ!!!!』と言われましたが、『荷物を取りに来ました!!』と伝えると優しく案内してくれ一安心。

 

バスのおっちゃんやおばちゃんがたくさんいて、オーストラリアのバス会社の社会見学に来た気分でしたね。笑

 

無事スーツケースを受け取り、エージェントにも報告を入れ、事なきを得ました!!

 

こんな時、誰でもパニックになっちゃいますが、まだ荷物が見つかってない時も私の母は
『むしろ、置き忘れたことで荷物預ける手間がなくなったから!』と言ってくれていました。

 

今でもこの話をすると『身軽で動物園行けてラッキーだったね!』なんて話をします。
そして、『バスの車庫に行ったなんて、結構レアな旅だったねー!』と今でも思い出すと盛り上がります!

 

 

このスーツケース事件から、エージェント様がいてくれた心強さありがたいさ、そして“母の考え方“はとても勉強になりました!

 

エージェントさんにお願いしている間、旅行を楽しめないよりは、
『見つからなかった時は見つからなかった時』と割り切って動物園に行けたのは、『今は、目の前のことを楽しもう!』という考えを持っていた母のおかげです!

 

トラブルがあるからこそ成長できる!!
そんな旅の思い出になりました(^^)

 

 

オーストラリアは日本と同じで、比較的治安が良いので財布や私物を落としても手元に帰ってくる確率は高いです。

 

落とさないのがBESTですが、落としたときはエージェントの方や警察に相談することをおススメします!

まとめ

  • 困った時は、エージェントの方へ相談!
  • 今、どうあがいても解決しないことは、時間が解決してくれる!
  • 置き忘れ、盗難にはあらかじめ注意する!

 

ーEND-

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

降幡 りなと申します! 私の留学・ワーホリ経験をシェアできたらと思います ■■留学、旅行を中心にブログ配信中■■ 【今まで行った国】 オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、シンガポール、マカオ、インド、イギリス、フランス、スイス

-海外留学

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.