オーストラリア留学 海外留学 社会人留学

【人気留学先9選】留学経験者が答えた人気が高い国を紹介!

2020年6月5日

リナ
こんにちは。元外貨両替スタッフ、現在は派遣で働いています!
降幡(ふりはた)梨奈です!
留学、旅行の経験をブログで書いています(^^)

留学経験先→オーストラリア、ニュージーランド

ジェニー

  • 留学を考えているけど、どこの国が良いのかな?
  • 自分に合う国を探したい
  • 初めて海外に行くから、安心できる渡航先がいいな。

そんな方に向けた記事を書きました!

 

私も、初めての留学先は悩んだなあ。
ましてや海外に行ったことが一度もなかったので、どこが自分に合った国なのかもわからなかったです。

 

当時の私のようにどの国に行くか迷っている方へ、人気が高い留学先をランキング順にまとめてみました!

 

『海外に行き慣れていない初心者の方向けの国』『上級者向けの国』にも分けてみました(^^)

 

私が、『この留学先だ!』と決めた理由も書いていますので、是非参考にしてくださいね!

 

 

1.英語圏で行ける人気留学先9選

1位:アメリカ
『不動の一位!さすがビッグなアメリカ留学』

留学と聞くとアメリカを想像する方もいるくらい王道な留学先!さすがアメリカ!人気が強い!

 

日本ではアメリカ英語が主に教えられ、大人になってもやっぱり聞き取りやすいアメリカ英語。
そして国が大きいゆえに、語学学校や大学の選択肢が増えるのも人気の理由!

 

物価は地域によって多少の違いはでるものの、やはり高め!

 

アメリカの映画やドラマ、ハリウッドに興味がある方は是非候補に入れたい留学先ですね(^^)/

 

◆手っ取り早くアメリカの留学費用や情報が見たい方コチラ

2位:オーストラリア
『住みやすさ天下一!海好きにはこの国!』

オーストラリアは、住みやすさ治安の良さで人気を誇っています!

 

私も1年住んでいましたが、危険を感じる経験は一度もありませんでした。

 

そして、シティーの中心からでもすぐに海にアクセスでき、海好きには最高な国!
実は、私がオーストラリア留学を選んだ理由も、治安の良さ海がたくさんある!という点でした(^^)/

 

学校帰りに友達と海に出かけたり、BBQをしたり、芝生でのんびりしたり。。。最高です!

 

ちなみに、オーストラリアの公園やビーチには無料のBBQ装置があり、誰でも無料で利用できるので食料だけ用意すればみんなですぐにBBQができちゃいます!

 

◆手っ取り早くオーストラリアの留学費用や情報が見たい方コチラ

3位:カナダ
『帰国する留学生が必ず言う”カナダは住みやすい!”』

私の友達や親せき、帰国する留学生が口をそろえて言う『日本人には住みやすい国!』そんな国です。

 

オーストラリアとは違い、真冬は寒いですが、女子には嬉しい『虫が少なくていい!!』という意見も!!
虫が少ないのは大事!!(私は何回オーストラリアでゴキブリに襲われたか、、、笑)

 

そして、町と自然が近くにあるのも住みやすさの一つ!
やはり、都会が好きでも人間には自然の中でリフレッシュすることも必要なようです。

 

そんなことから住みやすい国として評価を受けていて、人気国として名前が上がります!

 

自然環境保護に力を入れている国で、街中には大きな公園がいくつか目立ちます。

 

◆手っ取り早くカナダの留学費用や情報が見たい方コチラ

4位:フィリピン
『コスパ最高!気候最高!英語力はぐんぐん上がる!』

コスパ良し!気候良し短期間での英語力向上が可能な国

 

2ヵ国留学を選ぶ方に大人気のフィリピン!!!

 

目的をしっかり持っていて、英語力を短期間でグンッと上げたい方にはもってこいの国ですね。
英語学習に必要な時間がしっかりとれる学校がほとんどので、真剣に英語力を上げにきている人が集まっており、生徒の勉強への意識も高く、自分のモチベーションも上がります!

 

周りがリゾート地なので、週末はアクティビティが充実
メリハリつけながら勉強をしたい方にも良いですね

 

◆手っ取り早くフィリピンの留学費用や情報が見た方いコチラ

 

5位:イギリス
『美しいブリティッシュ英語に触れられる。芸術もピカリ、美しき国』

イギリス留学の良い点は、なんといっても美しいブリティッシュ英語が学べること!

 

私は、今でもイギリスに留学したいとひそかに思っています。
初めてハリーポッターに出演しているエマ・ワトソンの英語を聞いた時から、イギリス英語に惚れ込んでいます。

 

イギリスの人々は、はじめは冷たい印象を与えますが関わっていくうちに心を許してくれる印象です(^^)

 

天気は曇りや雨が多いと言われていますが、年間の降水確率を比べると東京と大差はありません。
曇りの日が多いのは確かなようですが、逆に天気がよい日はとてもすっきりとした天気になります!

 

◆手っ取り早くイギリスの留学費用や情報が見たい方コチラ

6位:ニュージーランド
『大自然に囲まれ、多国籍あふれる国。もちろん羊もいます!』

ニュージーランドの良さはなんといっても大自然!

 

ニュージーランド国内どこに旅行を行くにも、膨大な景色と最高においしい空気が待っています☆
私が留学をしていた時も、友達と車を借りて3日間のキャンプに出かけました(^^)

 

ニュージーランドは日本と同じ『右ハンドル左車線』なので、交通ルールを少し理解できれば運転は簡単です(もちろん国際免許の取得は忘れずに!)

 

ニュージーランドの英語は鉛があると言われていますが、その通りです!!

 

英語がわかるようになってくると、アメリカ英語と比べるて鉛が強いと思ってしまいますが、イギリス英語に近いので個人的にはとても好き☆

 

人がとてもやさしくフレンドリー!
そしてオーストラリアと同じで多国籍国家なので、街中ではいろんな人種の方を見かけます。

国籍豊な友達も作れますよ!!

 

◆手っ取り早くニュージーランドの留学費用や情報が見たい方コチラ

7位:アイルランド
『小さい国だからこその美しさ!留学にレア感が欲しいならこの国』

芸術や音楽文化あふれる国アイルランド!

 

まだまだレア感あふれる留学先ですが、しっかりとした英語圏(アイルランド語を喋る方もいます)です。

 

イギリスのまとなりの国で、なまりもブリティッシュ英語より

 

この地域も雨が多いですが、イギリスと同じヨーロッパ圏に位置することもあり、周りのヨーロッパ各国への旅行は格安でいけます!

 

◆手っ取り早くアイルランドの留学費用や情報が見たい方コチラ

8位:フィジ
『南国での留学!とにかく人が温かい!』

年間を通して気候に恵まれているため観光で行くイメージが強い国ですが、実は留学で渡航する方も増えています!

 

公用語はフィジー語ですが、現地の方も英語を喋り、本当にみなさん優しいので留学初心者にはもってこいの国です。

 

観光施設も多いため週末の旅行も迷うことはありません!

海は度を越えるきれいさで、物価もかなり安いので、費用を抑えたい方にもおススメ☆

 

◆手っ取り早くフィジの留学費用や情報が見たい方コチラ

 

9位:バリ島
『リゾート地での留学、マリンスポーツも学べちゃう!』

リゾート地での留学!

 

フィリピンと同様、マンツーマンレッスンを受けられる数少ない留学先のひとつです(^^)

 

歴史や伝統が今でも深く根付いており、古くから続く歴史触れられるのもバリ島ならではの良さ!

 

インドネシアも物価は日本の3分の1と言われており、ミネラルウォーターはなんと30円程!!!

 

安さと暮らしやすさNO.1を競える留学先だと思います。

 

日本人留学も多いので、日本語と英語の喋る配分は自分で注意は必要です!

 

◆手っ取り早くバリの留学費用や情報が見たい方コチラ

2.”海外初心者向け”人気留学先

フィリピン

1ヶ月間フィリピン留学に行くのに、30~40万円あればOK!

 

ほとんどの学校は寮なので費用に食事・滞在費が含まれていて、あとはお小遣いを2、3万用意するのみなので、半年以上の留学をする場合でもかなり安く抑えられます!

 

フィリピンが初心者にいい理由として、日本から距離が近いことと、日本人も多いため比較的安心して留学に望むことができるから!

 

そして、1週間という短期の留学も可能でフィリピンではスパルタ学校、いわゆる厳しい学校(英語スキルアップについて)が多いので短期でも英語力をぐん!上げることが可能です。

 

学校費用が格安な上に、一日の英語学習時間が他国の留学と比べると5時間以上も多いです。

 

敷地内に学生寮を構えている学校が多いので、夜まで授業を行う学校がほとんど☆

 

フィリピン留学の後に他国へ2ヵ国留学としていく方も多いので、周りの学生の英語学習のモチベーションも高く勉強に集中できる環境が整っているとフィリピン留学経験者は言います。

 

生活費も日本と比べると1/3~半分以下で、週末は国内の旅行や観光に行く子も多いです(^^)

 

ニュージーランド

1ヶ月間ニュージーランド留学に行くのに、最低45万円は必要です!(エージェントへの手数料は入れていません)

 

ニュージーランドは物価が安いと思われがちですが、現地に住んでみると水や外食などは普通に高い。

 

海外留学者に良い理由として、学生やお年寄りが多いので暮らしやすく、勉強環境にが整っています。
しかし、住みやすさゆえ日本人も多いので英語を自分から積極的に話す努力は必要かも!!

 

大自然で囲まれるニュージーランドだからこそ、旅行も楽しんでもらいたいです☆

 

私は語学学校の友達と車を運転してラウンド旅行をしました。日本ではやらないような山登りや観光地巡りをして、今でも印象深く記憶に残る良い思い出です!

 

ラグビーも有名で、スポーツ好きの方は学校帰りに友達とスポーツバーで盛り上がることもできます!
勉強ライフはもちろん、生活や旅行も充実させたい方にはとっておきの国です。

 

オーストラリア

1ヶ月のオーストラリア留学の費用は、最低45万は用意しておきましょう!(エージェントへの手数料は入れていません)

 

海外初心者に向いている点は、多国籍文化が寝ずいているため多国籍な人種に国民も慣れており、つたない英語で買い物や食事を注文してもゆっくりと応対をしてくれることが多いです。

 

温暖な国ということもあり、気候は通してかなり住みやすい!

 

シドニーやゴールドコーストのような大きな都市でも海が近くにあり、リフレッシュしながら生活できます。

 

日本食レストランも多くあり、街中にはうどん屋、どんぶり屋など手軽に食べれるお店も並んでいて、海外初心者には優しい国だと思います!

 

ニュージーランドと同じく、日本人が多いことは良いことにも悪いことにもなりえるので、英語環境をしっかり作る努力も必要かな?

 

とにかくオーストラリアは住みやすい!人が優しい!私が大好きな国です!

 

カナダ

カナダでの1ヶ月の留学費用は最低でも40万は必要です(エージェントへの手数料は入れていません)

 

授業料は莫大に高いわけではありませんが、外食や友達との交際費が増えてくると考えると60万ほど用意があればいいかなって思います。

 

日本人の留学生や支店を持っているエージェントも多いので、初心者の方も安心できる国です!

 

カナダは寒いイメージが強く、寒さが苦手な方には向かないかなと思われがちですが、主要都市バンクーバ、ビクトリアでは氷点下になることはほぼありません。

 

逆に、東部に行くにつれ寒さが増してくるので、トロント、モントリオール、ケベック州への留学を考えている方は防寒用具をしっかり用意していきましょう!

 

もちろん寒さを少しでも避けたいという方は、バンクーバやビクトリアでの滞在がオススメです(^^)

 

カナダでは英語の他にフランス語も公用語として使われており、特にケベック州では標識、店の看板などすべてがフランス語表記になっています。

フランス語を学びたいという方には、フランスより安く学べるのと滞在費もヨーロッパより安く済むのでおすすめ!

 

フィジ

フィジー留学はフィリピンと同じく、語学学校費用と滞在費とがセットになっているプランがほとんどで費用プランが立てやすいです。

 

安い学校であれば、30万程度で1ヶ月の留学は充分にできます。

 

フィジーは観光地でもあるので、学校がお休みの日にのんびりしたり、格安で旅行にも出かけることができます☆

 

がっつり英語を基礎から身につけたい方は、授業料が他の国と比べると割安なので3ヶ月~6カ月と中期留学をするのも良いと思います。

 

注意する点としては、フィジはまだまだ生活水準が低い国ということです。

他の国と比べ、寮やホームステイの建物が古かったり電力の供給が追いついていなかったりとストレスになることも多いです。
そして、日本人も多いので日本語環境にならないように注意する事も必要です☆

 

バリ島

アジアでありながらもリゾート観光地でもあるため、他のアジア圏と比べると学費はそこまで安くありません。

 

しかし、物価は日本より1/2~1/3になるので、食事やショッピングはかなり安く済み余裕はでるでしょう

 

バリ島での留学は、先生方の丁寧な英語と丁寧な指導で海外初心者の方に人気があります。
英語にまず慣れる!というところから入る方には良い留学先(^^)

 

リフレッシュ留学として行く方も多く、プランによっては宿泊先をキレイなホテルに変えることができたりと、リゾート気分を味わいながら留学を楽しむこともできます。

 

インドネシアは1万以上の島からなる国で、世界で最も多くの島を保有する国といわれており、伝統文化に興味をもち留学を決める方も少なくありません。
英語はもちろん、インドネシア語、スパマッサージや現地の伝統の踊りを習ったりすることもできるとか!

 

 

3.”海外上級者向け”人気留学先

アイルランド

費用は、ヨーロッパということもあり高めです。

 

日本人にはまだまだレアな留学先で留学生はヨーロッパ圏から集まる生徒が多く、英語環境にどっぷり漬かりたい方にとっては最高の環境です。

 

しかし初心者の方は、注意が必要。
まだまだ日本人が少ないことから、アイルランドの詳しい情報が入ってきにくくなることも多いので、信頼できるエージェントを見つけて手配してもらうと安心です

 

国自体は小さいですが、ヨーロッパの国々が近いので格安でその他ヨーロッパ国に旅行できたり、アイルランドの音楽文化にも直接触れることができるので、貴重な留学体験になること間違いなしです☆

 

イギリス

短期の1ヶ月留学でも、最低でも50万円は必要になってきます。

 

外食など物価はかなり高めで、交際費や交通費などもほかの国と比べると多くかかります。

 

語学留学の方は英語が初心者でも留学は可能ですが、大学で勉強をしようと考えている方は英語のレベルによってビザが下りない場合もあり、かなり厳しい基準になるため今回上級者向けの留学先にいれました。

 

そして、イギリスで話されている英語は『ブリティッシュイングリッシュ!』
アメリカ英語とは違う発音、イントネーションで英語を話します。初心者の方には少し難しく感じることもあります。

 

街並みはヨーロッパ感溢れ、古くから残る建物も多く、日本とは全く違った雰囲気を感じられます!

 

余談になりますが、ハリーポッター好きには最高の留学先と言えます!街中で聞こえてくる英語はハリポタで聞いたかっこいい英語、店には何かとハリポタグッズが売っていたりとテンション上がります。

 

アメリカ

王道の留学先THE STATES!!

やはり、物価や留学費用は高め。

 

しかし、国やシティが大きいので学校数も多く、選択肢が増えるのは大きなメリットです!

 

たくさんのイベント事もあり、多くの人と交流があります(^^)

 

しかし、初めての海外でアメリカ留学に行く方も多くいますが、まったく英語が話せずアメリカに行くのは少しレベルが高いと思っています。

 

治安の危ない地域が多いのも、理由の一つです。

アメリカが好きで『どうしてもアメリカが良い!』という方はもちろんアメリカを選んでください!
自分の好きな国で勉強できる喜び以上のメリットは、他の国にはないですからね!!

 

日本やどこの国でも言えますが、場所によって治安のよくない場所があるので、自分の身を守るためにしっかりとした情報収集は必要です。

 

4.徹底的に英語を習得してい人は2ヵ国留学!

英語の習得は早くしたいけど金銭面も心配という方は、2ヵ国留学がオススメです

 

フィリピンやバリでは少人数制やマンツーマンでの授業が多い他、授業時間が他の留学国と比べると圧倒的に多いので、英語力は短期で格段に上がります

 

アジア圏での英語学習に戸惑いがある方もいますが、今はプログラムもしっかりとしているのでアジアでの語学留学を経験したほとんどの方が、スピーディなブラッシュアップができています。

 

『行きたい国がある、でも語学学校に行くとなると膨大な金額がかかってきてしまう。。。』

 

そんな方は、英語力を留学費用の安いアジアでしっかりつけ、その後に行きたかった国でワーキングホリデーをするという選択肢も良いと思います!

 

 

いかがでしたでしょうか?
それぞれの国が、それぞれの留学の良さを持っています!

 

自分の好きな国に留学を決めるのも良し!英語以外にやりたいことがあれば、それもできる国に行くのも良し!

 

留学は短期だとしても、人生に大きなきっかけを与えてくれます。

 

全てを学びに変えて、最高の留学になるといいですね!!!

 

ーEND-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

降幡 りなと申します! 私の留学・ワーホリ経験をシェアできたらと思います ■■留学、旅行を中心にブログ配信中■■ 【今まで行った国】 オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、シンガポール、マカオ、インド、イギリス、フランス、スイス

-オーストラリア留学, 海外留学, 社会人留学

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.