オーストラリア留学 ニュージーランド留学 ワーキングホリデー 海外留学 社会人留学

実は簡単!留学時の携帯利用の方法は2択。自分の都合に合わせて選ぼう!

アイキャッチ画像

ジェニー

  • 留学に行くけど、現地で携帯を使うにはどうしたらいいの?
  • 今持っている携帯を、海外でも使うことはできるの?
  • 留学時の携帯利用を、なるべく安く手軽に済ませたい

留学時の携帯のことって複雑そうで、悩みますよね。
リナ

友達、家族と連絡をとったり、地図で場所を調べたり、今では携帯は私たちにとって必需品になっています。

 

「海外で携帯を使うって、いろいろと準備が大変そう!」と思うかもしれませんが、
自分の使いたい方法を理解していれば今後の準備はとてもシンプルです。

 

携帯会社に聞いても内容がとても複雑でわかりにくい。など、、私も留学をする時はいろいろなサイトを行ったり来たり。

 

結局どんな方法がベストなのか、時間をかけて調べた記憶があります。

 

でも留学で携帯を使うのに初めに決めることとしては、たった2つ

 

始めにどちらの選択をするかで、留学先で携帯を使うための準備方法が変わってくるだけなので非常にシンプルです。

 

初めて海外で携帯を使う方にもわかるように、シンプルかつ丁寧に説明していきます。

 

自分に必要のない説明は読み飛ばしても問題ありませんので、必要な部分を掻い摘んで、ささっと終わらせてしまいましょう!

 

 

1.実は簡単!留学時の携帯利用の選択肢は2つ

留学に行く時に携帯をどうするか。

 

だいたいの場合、下記の2つから選ぶことになります。

 

① 現地で携帯端末を買って使う方法

② 今使っている携帯を、そのまま海外で使う方法

 

この2つのどちらにしたいかによって、これからの準備の方法や現地での行動も変わってきます。

 

それぞれの大まかな流れはこちら▼

① 現地で携帯を購入して使う 流れ

 ・日本で使っている携帯の処理
   解約 or 休止 or 契約継続から、
   留学期間や自分の都合に合わせ選ぶ
   ⇓
 ・留学先に着いたら、携帯とsimカードを購入
   携帯ショップ・スーパーや空港で購入可能
   ⇓
 ・店の人が設定やセットアップをしてくれ、
  受取り後使用開始

※お店でのやり取りは、基本的に現地の語学で行われます。

 

② 今使っている携帯をそのまま使う 流れ

 ・今使っている携帯が
  SIMロック解除が可能かを確認
   ⇓
 ・SIMロックを解除する
   ⇓
 ・日本の携帯会社で、
  休止 or 解約 or 契約継続の手続き
   ◎長期留学:「休止」か「解約」設定 ◎短期:「休止」か「契約継続」
   ⇓
 ・自分の携帯に入るSIMサイズを確認
   ⇓ 
 ・SIMカードを購入
   事前にネット購入か現地空港、
   現地スーパーや携帯ショップで購入
   ⇓ 
 ・現地に着いたら、SIMをセットして使用開始

それではそれぞれのメリットデメリットと必要な準備について説明していきます。

 

①現地で携帯端末を買って使う方法

メリット

  • 端末同時購入の割引がある場合がある
  • 長期的にみると安づく可能性もある
  • 日本には流動のない携帯を持つことができる
  • 現地専用キャリアのため、誤作動が少ない

デメリット

  • 携帯本体の金額がかかる
  • 契約や端末を選ぶのに現地ショップに行く必要がある

近年は現地で携帯を買う方はかなり少なくなっています。

 

理由はメリットが多くないためです。

 

携帯本体の金額がかかる他、現地で携帯端末やプランを選ぶためにショップに立ち寄る手間がかかるのも理由のひとつです。

 

しかし現地にしか売っていない機種を買うことができたり、端末によってはSIMと同時購入で安くなったりなど、割引を受けられることもあります。

 

語学に問題がない方は、お店で端末操作の説明や設定を行ってくれるなどのサービスを受けることが出来るので、便利だと感じる方もいます。

 

現地で携帯を買って、使う場合の準備

日本での準備、、、

  • 現在使っている携帯の契約処理
     長期留学(3ヶ月以上)の場合
      ⇒ 解約 or 休止
     短期留学(3ヶ月未満)の場合
      ⇒ 休止

海外に着いたら、、、

  • 現地の携帯ショップや空港で、携帯とSIMカードを購入
    ※私がオーストラリアで購入した時は、身分証としてパスポートが必要でした
  • お店の方が設定などを行ってくれるので、受け取ったあと利用開始
    ※やり取りはほとんどの場合、現地の語学で行います。

 

すぐに休止や解約の手続き方法に進みたい方は、「2.留学のための携帯準備」に飛んでください。

 

②今使っている携帯を、留学先でそのまま使う方法

メリット

  • SIM代とSIMロック解除の費用だけで済む
  • 使い慣れた携帯を現地でも使える
  • LINE他アプリがそのまま使える
  • SIMは事前購入可能なので、現地で探さなくても良い

デメリット

  • SIMロックを解除する必要がある

※「SIMロックってなに?」という方は、2で詳しく説明しているので今は「そんなのがあるのか~」という理解で大丈夫です。

 

2015年から日本でもやっとSIMロック解除可能な携帯を手にできるようになり、現地でわざわざ携帯を買わずとも留学先でSIMカードの交換だけを行えば、今使っている携帯をそのまま使うことができるようになりました!嬉しい!!

 

そんなこんなで、最近はSIMロック解除済みの携帯を海外に持っていき、海外専用のSIMカードを入れ替えて現地で使うというのが一番便利な方法です。

 

デメリットとしては日本にいる間に今の携帯のSIMロックを解除しておく必要があります。

 

SIMロックを外しておかないと、現地でSIMを入れても携帯側にロックがかかっているため使えません。

 

今使っている携帯を、留学先でそのまま使う場合の準備

日本での準備

  • SIMロック解除をする
  • 現在使っている携帯の契約処理
     長期滞在(3ヶ月以上)
      ⇒ 解約 or 休止
     短期滞在(3ヶ月未満)
      ⇒ 休止
  • 自分の携帯に入るSIMカードの大きさを確認
  • SIMカードをネットで購入
    現地でも買えるけど、事前購入のが圧倒的に楽です!

海外での準備

  • 現地空港に着いたら、SIMカードを携帯にセットしアクティベートして利用開始

空港についてすぐに使い始められるので、例えば到着後すぐに「着いたよ!」と連絡ができたり、初日から学校の友達と連絡交換もできるのでとても便利!

 

 

2.日本でやっておくべき留学のための携帯準備

それでは、日本でやっておくべき

「解約」 「休止」 「SIMロック解除」 「SIMカード購入」

について、基礎知識や注意点を解説していきます。

 

SIMロック解除

SIMロックがかかっている携帯とは、、、
特定の携帯会社のみでの利用に限定された いわゆる ロックがかかっている携帯 のことです。

そのロックを解除して、どの携帯会社のプランでも使えるようにすることを「SIMロック解除をする」と言います!

 

例えばSIMロック解除をした携帯だとこんなことができます▼

SIMロック解除について説明画像

SIMフリーの携帯を使えば、どの携帯会社が発行したSIMカードでも使うことができるのです!(めちゃ便利!)

 

以前はドコモで買った携帯本体は、ドコモが発行したSIMカードしか使えません。というのが普通でした。

 

しかし2015年から日本でも、SIMフリー携帯が使えるようになった。

 

そのため留学に行く前に日本でSIMロックを解除しておくと、海外の携帯会社のSIMカードを入れて今の携帯をそのまま現地で使うことが出来るのです。

 

それを可能にするのが「SIMロックを解除」です。

 

それでは本題の方法についてお話しします。やり方は全部で3つ。

  • 各携帯ショップで手続き(手数料3,000円)
  • 電話で手続き(手数料3,000円)
  • ネットから自分で手続き(無料)

※最近購入した機種によっては、買った当初からSIMフリーの状態の携帯もあります
※買った時期・機種によって、SIMフリーにできないこともあるので確認要!
※各キャリアによって新規機種を買ってからSIMロック解除ができるまでの期間が異なります

 

ショップや電話で手続きをすると事務手数料がかかってくるので、ネットからがおすすめです!

 

ドコモ・au・ソフトバンク、どのキャリアもネットで簡単に手続きができます。

 

下記のボタンから、SIMロック解除のページに直接飛べます。

Docomoau(KDDI)SoftBank

※ご両親と一緒に契約をされている方は、SIMロック解除ができない場合があるので、ご両親と一緒に各携帯ショップに聞いてみましょう

 

解約

長期で留学に行く方は、解約を考える方が多いと思います。

 

私もオーストラリアとニュージーランド留学の際は、長期滞在予定だったため解約をしました。

 

まずは、解約をことでのメリットデメリットの確認をしましょう!

解約するメリット

  • SIM代とSIMロック解除の費用だけで済む
  • 使い慣れた携帯を現地でも使える
  • LINE他アプリがそのまま使える
  • SIMは事前購入可能なので、現地で探さなくても良い

解約するデメリット

  • 帰国後、再契約をする時に電話番号やメールアドレスが変わる
  • 解約金が発生することがある

解約をすると、留学中に日本で継続的にかかってくるお金がなくなるので大幅な節約ができます。

 

しかしデメリットでもある通り、解約月が留学への出発時期とうまくマッチしないと解約金がかかってくることもあります。

 

私の場合は、留学出発時期から2カ月後が解約月でしたが、2カ月分の携帯料金を払うより解約金を支払う方が安かったのでその場で解約をしています。

 

2019年より解約金の改定が行われ、以前よりは解約金が大幅に安くなったのでその場で解約できる方は多いと思います。

 

万が一、解約金などの関係で「日本にいる間に、自分で解約ができない!」という方は、友達・両親などへ委任状を渡しておき、時期になったら解約してもらう方法もあります。

※解約に関して、それぞれの契約ごとでかかってくる金額も違いますので、携帯ショップへ相談することをおすすめします

 

休止

休止サービスは、留学に行っている期間 月額料を払うことでデータ保管をしてくれるサービスです!

 

休止するメリット

  • 今使っている番号を、帰国後も使える
  • 通常の料金を継続して払うより大幅な節約ができる

休止するデメリット

  • 利用休止と開始の手数料と月々400~500円の維持費がかかる

休止設定をすることで、現在の携帯会社の契約を切ることなく帰国後も同じ番号が使えるのが魅力です!

 

各携帯会社によって、手続きを行える場所や月額が変わってきます。大手3社の比較表をつくりました!

  最長保管期間 手数料(抜) 電話番号保管料(抜) 手続き可能場所
ドコモ 3年 1,000 400 / 月 ネット・電話・店舗
au 5年 2,000 372 / 月 店舗のみ
ソフトバンク 5年 3,000 390 / 月 店舗のみ

留学中に日本で携帯を使わないのに、1万円近くの携帯代を払うのはもったいないですよね。

 

500円程度で電話番号の保管が可能なので、無駄な出費を抑えられます。

 

SIMの大きさ確認と事前購入方法

SIMの大きさ確認

現在の携帯をそのまま留学先で使う方は、かならず自分の携帯に合うSIMカードのサイズを確認してから購入してください。

SIMカードの大きさ比較の画像

画像引用元:スマホスピタルグループ

 

iPhone利用者は、アップル公式サイトの「iPhoneで使われているSIMカードの大きさを調べる」からSIMカードの大きさを確認できます。

Androidをご利用の方は、各携帯会社もしくはネット検索で「ご利用中の携帯機種名 SIMカード大きさ」と調べて確認しましょう。

 

SIMカード事前購入

SIMカードの事前購入は、Amazonや楽天で買えます。

 

現地のスーパーや携帯ショップでももちろん買えますが、空港に着いた時点でネットが使える状態にするには事前購入が一番手軽です。

 

私のおすすめですが、事前に1ヶ月分をネットで用意しておき、その後は現地のSIMカードに切り替える方法です。

 

1ヶ月過ごす中で、現地の大手携帯会社がどこなのかどこが安くて良いプランがあるかなどたくさんの情報が入ってくると思います。

 

はじめの1ヶ月分だけ事前に購入しておき、その後は現地で自分に合ったSIMカードを選ぶと良いです!

 

どんなSIMカードを買えばよいかわからない方のために、このようなSIMカードがあるという例で、オーストラリアで使えるSIMカードのリンクを貼っておきます。

[Optus] オーストラリア 30日間 35GB高速テータ、通話かけ放題、SMS使い放題 プリペイドSIMカード

 

要領の大きさや通話し放題、メールし放題など、希望に沿ったSIMカードを選んでくださいね!

 

 

3.超短期留学(1ヶ月未満)の場合の携帯処理は?

1ヶ月を超えない期間の留学をされる方は、
手続き費用と手間を考えると、携帯ショップでの事前手続きや設定はいらないと思います。

 

1ヶ月未満の留学の方におすすめの携帯利用方法は下記の3つ。

  • WIFIのみを、現地では利用する
  • 海外用ポケットWIFIを持っていく
  • 旅行用のSIMを使う

 

WIFIのみを現地では利用する

まず一つ目は、現地のWIFIスポットのみを利用して過ごす方法です。

 

行先にもよりますが、海外には駅・カフェ・図書館・ショップ・レストランetc…
今の時代どこに行っても、WIFIスポットは簡単に見つけられます。

 

短期の滞在であれば、学校や図書館、ホームステイ先など室内で使う分にはWIFIだけの使用で不便はしません。

 

費用が一切かかってこないのは、おおきなメリットですよね!

 

しかし、もちろんデメリットもあります。

デメリット

  • いざ使いたい時に、WIFIスポットが見つからない場合がある
  • WIFIを使うときに、アドレスや名前の登録が必要な時がある
  • カフェなどでは、使える時間が制限されていることがある
  • ホームステイ先に、WIFIがないこともある

 

このように自分専用のWIFIではないため、郊外でどこでもWIFIが使えるわけではありません。

 

また登録が必要だったりと、ひと手間かける必要も出てきます。

 

海外用ポケットWIFIを持っていく

海外用のポケットWIFIを使うのも一つの方法です。

 

ポケットWIFIは、どこにいてもネットを使えてとても便利です!

 

しかしこちらは超!短期留学(1週間未満)の方のみにおすすめをします。

 

理由は、滞在が長くなればそれだけ費用がかさむからです。一日最低でも1,000円程度はかかってくる

 

下記は「イモトのWIFI」の一部プランになります。※2021年7月時点の情報

イモトwifi引用画像

▲オーストラリアが行先の場合は、安くても¥980/日 。
 1ヶ月のプランもありますが、30日間で¥28,000と SIMなどよりも割高。。。

 

金額的デメリットはありますが、今まで何度か使ってみて不具合もなくネットの繋がりも良いので、私は1週間以内の海外滞在時に使うことが多いです。

 

私がよく使う海外旅行用ポケットWIFI「イモトのWIFI」

 

旅行用SIMカードを使う
※SIMロック解除要!

旅行用SIMカードを購入して、現地で使う方法です。

 

基本的には、1で説明した「②今使っている携帯を、現地でそのまま使う」と同じです。

 

もちろんこちらもSIMカードの事前購入をおすすめします。短期はなおさら、留学期間が限られているので留学先でSIMカードを探す手間を省くためです!

 

SIMロック解除設定が必要であることも忘れないように!

 

日本キャリアの解約や休止は不要

1ヶ月未満の留学の方は、日本で使っている携帯の解約や休止は必要がないです。

 

どうしてもという方はやっておいてよいかと思いますが、契約再開に手数料がかかったりと短い期間にも関わらず、無駄な出費がかかってしまいます。

 

特別な理由がない限り、日本での契約はそのままで大丈夫です。

 

 

4.海外キャリアの携帯事情:豆知識&知っておきたい設定

知らないと怖い国際ローミング

海外へ日本国内で使っていた携帯をもっていくと、現地の携帯会社の回線を利用して勝手にネットに繋がってしまうことがあります。

 

国際ローミング(日本の契約のまま海外でネットなどを使うこと)を使うと、日本で使うよりも比べ物にならない程の利用額になることがあります。

 

現在は各携帯会社で海外通信プランを持っており、以前のように高額請求が発生してしまうことは減りましたが、それでも各携帯会社の海外契約プランは
使い放題でも一日3,000円~と、日本で使う通信代よりはるかに割高です。

 

お伝えした通り海外に行くと勝手に繋がってしまうプランや携帯もあるので、次の項目の「モバイルデータ通信のオフ設定」を必ず出発前に行ってください。

 

モバイルデータ通信のオフ設定方法(WIFIはオンにしてもOK)

海外ローミングを希望しない方は、出発の飛行機に乗る前に必ず下記の携帯設定を行ってください。

 

 

iPhone
 設定>モバイル通信>モバイルデータ通信からON/OFF

Android
 設定>接続>データ使用料>モバイルデータからON/OFF
 ※androidの場合、携帯機種によって設定の手順が少し異なる場合があります

 

 モバイルデータ通信の設定方法のが画像iphone

 

この設定をしながらでもWi-FiをONにすることは可能ですので、モバイルデータ通信をオフにしてからWifiを繋ぎ 海外で使うようにしましょう。

 

Appleの国設定を変える

実は、国や地域によってインストールできるアプリが異なります。

 

ほとんどのアプリはインストール可能ですが、稀に滞在国や地域でしかインストールできないアプリが存在します。

 

アップルIDに登録している国を変更することで、地域限定のアプリをインストールすることが可能となります!

 

Apple.comで簡単に設定方法を解説しています。

 

電源プラグと電圧を確認

留学先での携帯の利用方法の他に気をつけたいのが携帯充電器です。

 

コンセントの形電圧は国によって異なります。

世界のプラグ形状

※同じ地域や国でもホテルなどによって形状が違うことがあります。

 

▼人気留学先の電圧とプラグタイプをまとめました

  電圧 プラグタイプ
オーストラリア 220-240V O
ニュージーランド 230V O
イギリス 220-230V BF
カナダ 110V A 日本と同じ
アイルランド 220-230V BF
フランス 220V C、SE
ドイツ 230V C
スペイン 220V C
アメリカ 110V A 日本と同じ
フィジ― 240V O
台湾 110V A 日本と同じ
中国 220V C、O
フィリピン 110V、220V A、B3、C
韓国 110V、220V A、C、SE

日本の電圧よい超える国へ渡航する場合は、電圧変換機を現地に持っていきましょう。

 

iPhoneの純正充電器を持っている方は、充電器が耐えられる電圧が100~240Vなので、相当な奥地でない限り全世界で対応しています。

 

androidを使っている方は、充電器の電圧によって変圧器を用意しておきましょう!

 

SIMと同じように現地でも変圧器や変換プラグを買うことはできますが、到着直後はバタバタするので日本から持っていくとよいですよ!

 

 

5.留学時の携帯利用方法まとめ

まずは、

①現地で携帯を新規購入するのか
②今使っている携帯を現地で使うのか

を決めると、日本での携帯処理で混乱することがなくなります(^^)

今の携帯を、そのまま留学先で使う場合

  • SIMロック解除が可能な機種・プランか確認
  • SIMロックを解除
  • 長期の場合は休止か解約、短期の場合は休止かそのまま
  • 自分の携帯にあるSIMサイズを確認
  • 出発前にネット購入か現地空港、現地スーパーや携帯ショップでSIMを購入
  • 現地に着いたら、SIMをセットして利用開始

 

留学先で携帯を購入する場合

  • 日本で使っている携帯を「解約」「休止」「特に何もしない」 から、期間と自分の都合によって選ぶ
  • 現地に着いたら空港、携帯ショップ、スーパーなどで携帯とSIMを購入
  • 店の人がセットアップしてくれるのでそのまま受取利用
     ※お店でのやり取りは、基本的に現地の語学で行います

 

1ヶ月未満の、超短期留学の場合

  • WIFIのみの利用(外で使えないので少し不便)
  • ポケットWIFI(割高)
  • 旅行用SIM(外でもネット使えて一番安い)

 

豆知識&その他設定

  • モバイルデータのオフ設定をやる
  • アップルIDの国設定は必要であればやる
  • 国によって電圧やプラグの形が違うので要確認

 

記事内で紹介したリンクやサイト

「iPhoneで使われているSIMカードの大きさを調べる」

[Optus] オーストラリア 30日間 35GB高速テータ、通話かけ放題、SMS使い放題 プリペイドSIMカード

「イモトのWIFI」

Apple.com

 

留学の準備はやることが多く、複雑なことも多いですよね。

 

携帯の準備が少しでも楽にできるように、新たな情報はどんどん更新していこうと思います!

 

皆さんのお役に立てたら嬉しいです!

 

ーENDー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

降幡 りなと申します! 私の留学・ワーホリ経験をシェアできたらと思います ■■留学、旅行を中心にブログ配信中■■ 【今まで行った国】 オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、シンガポール、マカオ、インド、イギリス、フランス、スイス

-オーストラリア留学, ニュージーランド留学, ワーキングホリデー, 海外留学, 社会人留学

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.