社会人のお悩み

【簡単】リモートワークで集中する方法【結論:いらない物の排除を徹底する】

2020年11月20日

アイキャッチ画像

リナ
こんにちは、リナです
今回も社会人のお悩みコーナー!ぱちぱちぱちっ

 

コロナの影響でリモートワークに切り替わった方も多いのではないでしょうか。

 

リモートワークをする中でこんな悩みが、、、

 

  • 自宅だと仕事モードにならず、集中ができない
  • つい誘惑に負け、仕事が進まない
  • オフィスと同じように集中できる環境にしたい

 

さてさて、解決していきましょう!

 

 

☑結論:仕事に必要ないものを、全て排除する

 

 

まずこの1点に意識をして、仕事モードに切り替えていきましょう。

 

それを頭に入れたうえで、リモートワークで集中するための8つの方法を紹介していきます。

 

 

リモートワークで集中する方法

通勤がなくても、同じ時間に起きる

リモートで通勤時間がカットされても同じ時間におきましょう。

 

いつもより時間に余裕ができる分、だらだらと寝て過ごしてしまうと仕事との気持ちの切り替えがうまくできなくなります。

 

同じ時間に起きて、空いた時間は読書や運動、朝の散歩など、いままで時間がなくてできなかったことに挑戦するのもありです!

 

いつも朝食をとる時間がないという方も、ゆっくりと朝食をとったり、自分に良い影響を与えられるような行動をすると仕事に集中しやすくなります。

 

パジャマから、着替える

必ずパジャマから、普段着に着替えるようにしましょう。

 

スーツのようにThe仕事着ではなくても、最低限外出できる格好で仕事をするように!

 

 

☑お家モードのパジャマは、排除!

 

 

着替えるだけでも、気持ちの切り替えができます。

 

行ってきます!と言って、仕事部屋に向かう

家族がいる場合はなおさら、『今から仕事に向かいます!』という雰囲気を作ることが大切です。

 

普段オフィスには家族がいませんが、リモートではそうはいきません。

 

そのため意識的に、家族(自宅)モードを遮断する必要があります。

 

家族にいまから仕事にいくね。と伝えることで、家族からの影響が遮断されます。

 

 

☑【家族から離れる = 仕事モード】

 

 

と、身体に認識させましょう

 

ベッドのない部屋を、仕事部屋にする

オフィスで、ベッドが見える環境の方はいませんよね。

 

ベッドがあると、どうしてもベッドにダイブしたくなります。

 

人間というのは、なかなか誘惑に弱いもので、ちょっとしたお昼寝のつもりが完全な睡眠になってしまうこともあり得ます(何度も経験あり)

 

誘惑は排除!

 

可能であれば、寝室以外の部屋を仕事部屋にすること。

 

 

 

ちなみに住んでいる環境上、ベッドが同じ部屋にある!という方は、

 

  • ベッドに背を向ける
  • ベッドメイキングをして、ベッドが超キレイな状態を保つ

 

 

とうことを心がけると、ベッドからの誘惑に負けることは少なくなります。

 

ベッドメイキングをしておくと、キレイな状態をキープしたくなるので、ベッドダイブの危機も何とか逃れることができます。(お試しあれ)

 

スマホは、遠ざける

スマホの画像

仕事で私用のスマホが必要という方以外は、仕事机からスマホは遠ざけましょう

 

リモートワークでは無意識にスマホに手が伸びて、ラインやSNSを見てしまいます。

 

目に入らない・手の届かない場所へ置いておくのがおすすめです。

 

同居人・家族が通らない場所を選ぶ

同じ家で住んでいる同居人が、後ろや横を通ったりすると、かなり気が散りますよね

 

 

☑誰も通りかからない場所を、仕事場にする

 

 

人がいたほうが集中できるという方以外は、一人で集中できる部屋を仕事場にするよう心掛ける。

 

机の上は必要なものだけ(オフィスと同じ状況で)

机の上は特に、排除、排除、排除!を心がけてください。

 

机の上は何よりも、目がいく場所です。

 

☑机の上にある仕事で必要のないものは、全て排除

 

 

オフィスと同じ時間帯に、休憩する

オフィスで行っていたルーティンを、自宅でも行うように意識してみましょう。

 

☑休憩はオフィスで取っていた時間と近い時間で!

 

 

その際に、少しの運動席を立つなどのアクションをいれると、デスクとのメリハリができ、集中力が増します!

 

 

本日はこのあたりで終わりです

 

まだまだコロナが収まらず、第3波と言われていますね。。。

 

リモートワークがさらに長引きそう、

 

通勤がないのはかなり楽!!! しかし、、、

 

 

『生活リズムを崩さず、集中できないものは排除!』

 

 

の意識を忘れずに健康的に仕事していきましょう

 

今日もがんばるか~

 

 

ーEND-

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

降幡 梨奈と申します! 基本的に、同じ場所に1年滞在できないタイプ。 ≪留学、旅行を中心にブログ配信中≫ 【今まで行った国】 オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、シンガポール、マカオ、インド、イギリス、フランス、スイス

-社会人のお悩み

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.