オーストラリア オーストラリア留学 ニュージーランド 海外留学 社会人留学

【留学ホームステイ】メリット、デメリット『こんな体験をしました!』

2020年3月21日

リナ
こんにちは。元外資系企業勤務。
現在は派遣として働きながら、旅行や留学の経験をブログで配信しています!

留学経験国→オーストラリア、ニュージーランド

ジェニー

  • ホームステイってどんな感じだろう
  • 他人の家で住むのは不安があるなぁ
  • ホームステイをしてよかったことなどを知りたい!

 

そんな方に向けた記事を書きました!

 

私も初めての海外でホームステイを経験し、ただの留学では味わえなかった経験をしました。

 

皆さんに少しでもホームステイがどんなものかを知って頂く為に、書いた記事です。

 

『留学というかけがえのない経験を無駄にはしてほしくない!』そんな想いで書きましたので、ぜひ参考にされてください!

 

 

目次

1. 留学でのホームステイはこんな方におすすめ!

2. ホームステイのデメリット

 2-1. 気を遣う

 2-2. 門限がある

 2-3. 学校から遠い

 2-4. 初心者には結構きつい

3.ホームステイのメリット

 3-1. 常に英語環境にいられる

 3-2. 住んでいる地域の詳しい情報が聞ける

 3-3. 現地の人の暮らしが体験できる

 3-4. ごはんを作らないでも出てくる

4.その他のステイ方法

 学生寮

 シェアハウス

 教師宅でホームステイ

 

 

1. 留学でのホームステイはこんな方におすすめ!

日本人にとって留学と聞いて、『ホームステイ』をイメージされる方は多いと思います。

 

実際に私も、初めての留学でホームステイをして現地の方と生活を共にしていました。

 

ホームステイをしてわかったのは、絶対に『向き不向き』があるということです。

 

結果から言うと私は、『合わないほうかな。』って感じました。

 

ホームステイってどんな感じか、私が合わないと感じたデメリット、もちろんメリットも一緒にお話ししていきます!

 

記事の後半には、ホームステイ以外のステイ方法も紹介していますので、これから留学を考えている方には参考になるかと思います。

 

2. ホームステイのデメリット

 

2-1. 気を遣う

この悩みは日本人ならではかと思いますが、ホームステイは思った以上に気を使います。

 

お風呂に入るだけでも、

『長く脱衣所にいすぎかな、』
『どんなタイミングでリビングに出ていけばいいのかな、』と私はとても気を使っていました。

 

ホストファミリーはとっっっってもいい方達でした。

 

とは言っても他人には変わりなく、最初の数週間はなかなか緊張が取れませんでした。

 

ホストが気を遣わせる気はさらさらなくとも、私の性格上、英語を勉強するだけでも必死なのに、家でリラックスできない状況はきついなと感じたのは事実です。

 

2-2. 門限がある

もちろん門限がないお宅もありますが、ある家がほとんどかと思います。

 

オーストラリアの夕食は日本と比べてかなり早く、私がホームステイしていた時は5時半には夕食、その後まったりして寝るパターン。

 

そうなると、学校終わってすぐに直帰するスタイルになります。

 

夕食が5時半でも特に門限はなかったのですが、私のステイ先は小学生の女の子もいて、さすがに22時23時には帰れないな、という雰囲気でした。。。

 

自由に過ごしたい方、友達とアフタースクールを楽しみたい方にはちょっと厳しいかなって思います!

 

2-3. 学校から遠い

私が通っていた学校はCityのど真ん中にあり、シドニーでは一番栄えている場所でした。

 

ホームステイをする場合のほとんどは、一軒家のお宅にお邪魔しますが、大体のお宅はcity中央からスや電車で30~50分程度です。

 

そして私の場合、ホームステイ先まで使えた交通機関はバスだけで、最終バス時刻はまさかの19時前

 

これはさすがに、え、ってなりました。

 

19時までにバスに乗らなきゃいけない。。。。

 

そんな生活もいいなあと楽しめる方はOKですが、毎日帰る時間を気にするのは、私には合わなかったポイントでした。

 

2-4. 初心者には結構きつい

学校で慣れない英語を学んでるだけでも結構きつめなのに、家帰ってもエーリアンが喋っているようにしか聞こえない。。。

 

多少喋れていたら相当いい環境でしたが、0からスタートした私にはハードルが高めでした!

 

学校、自宅、いきなり全ての環境が、"英語だけ"なのがきつい原因だったかもしれません。

 

逆に言えば、少しの会話ならできるけど、もう少し英語力をあげていきたいって方には、ホームステイは最適ですね!!

 

3. メリット

 

3-1. 常に英語環境にいられる

ホームステイ先がネイティブイングリッシュの方であれば、学校から家の往復な毎日でも、相当な英語力がつきます!

 

私も2回目の留学先ニュージーランドで、凝りもせずまたホームステイをしました!

 

その時は日常会話は可能だったので、

ネイティブ英語のスピードに慣れる】
【ボキャブラリーを増やす】

 

上記を意識して、自分から意欲的にホストファミリーと関わることができました。

 

学校の先生以外でネイティブと関われるのは、英語力の伸びを出すには最高の環境です!

 

3-2. 住んでいる地域の詳しい情報が聞ける

こちらも、ホームステイしてよかったと思える高いポイントです!

 

現地に長年住んでいるからわかること、バスの乗り方から、安いスーパー、おいしいお店など、わからないことをすぐに教えてもらえる環境は大変助かりました!

 

実際に私は、一年間の滞在で1カ月間だけのホストファミリーとの生活でしたが、一カ月間で教えてもらったことすべてがその後の海外生活に役立ちました!

 

日本とは全く違う環境だからこそ、現地の方と繋がりがあるとすぐに生活に慣れることができると感じました。

 

 

3-3. 現地の人の暮らしが体験できる

ホームステイをしない限り、現地の方と関わるのは、学校の先生だけ。という方も少なくないと思います。

 

特に私の留学先オーストラリアは多国籍国家なので、たくさんの国から留学生や、働きに来ている方がいます。

 

実際に私が住んでいたシドニーでも、町を歩いているだけでも英語じゃない言葉もたくさん聞こえますし、どの方がオーストラリア出身なのかもわからないくらいです。

 

いろいろな国の方と友達になれるのはとても楽しいですが、せっかくオーストラリアに来たのだから現地の生活スタイルや文化を知りたいですよね!

 

そんな方は、最初の数カ月だけでもホームステイをすることをオススメします!

 

3-4. ごはんを作らないでも出てくる

学校から帰って、待っていればごはんがでてくること!

 

一人暮らし経験者には本当にうれしい!の一言かと思います。

 

私は、生まれてこの方実家から出たことはなかったので、自炊はかなり高いハードルでした。

 

そして、現地の食生活を知るいいきっかけにもなります!

 

味が合う、合わないはあると思いますが、試してみるといろんな発見があります!

 

 

4. その他のステイ方法

 

 

学生寮

語学学校が用意をしている学生寮もあります。

 

実際に私の学校にもあり、ホームステイで静かに暮らす私にとって、とても楽しそうに見えたのは確かです。

 

基本的にキッチンや洗濯機などは共有で、部屋は数名でシェアか個人部屋が選べるようでした。

 

常に学校の友達がいるのは、修学旅行みたいで楽しそうだなあ。と私は思っていましたが、意外とワイワイしていないみたいで、それぞれにプライベートを充実させているようでした!

 

学生寮はホームステイよりは、学校から近い場所にあることが多いので、距離的には学生寮のが楽かもしれません。

 

シェアハウス

シェアハウスも英語を勉強するには、非常に良い環境です!

 

オーストラリアの現地の学生は、日本のように【一人暮らし】をしている方は少ないみたいで、アパートメントや一軒家をシェアして暮らしている方が多いです。

 

現地の学生や、他国からの留学生と暮らすことになるので、英語を学んでる私たちにとっては毎日が絶好の学び場になります!

 

実際に私も、ホームステイが終わってからシェアハウスに移りました!

 

シェアメイトとご飯を作ったり、買い物に行ったり、他愛もない会話を毎日行っているうちにかなりの英語力アップができました!

 

教師宅でホームステイ

これはレアケースですが、国や学校によって、

学校教師の自宅でホームステイをさせてもらう】という制度があります。

 

メリットとしては、生活そのものがプライベートレッスンになる!というところでしょうか。

 

間違いのないネイティブな発音性格な文法地域や状況によっての使い分けや使い方が学べること。

 

そして、日頃から留学生に接している為、雰囲気でわからないことを伝えても理解してくれるところなど、語学の習得が早まりやすい傾向にあります!

 

 

いかがでしたか?

私はホームステイは合わなかったと感じたけど、結果『一度はホームステイしてよかったなあ、』とも感じています!!

 

留学に行くのであれば一度は経験していただきたいホームステイ!

大きく成長できるはずです!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

降幡 梨奈と申します! 基本的に、同じ場所に1年滞在できないタイプ。 ≪留学、旅行を中心にブログ配信中≫ 【今まで行った国】 オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、シンガポール、マカオ、インド、イギリス、フランス、スイス

-オーストラリア, オーストラリア留学, ニュージーランド, 海外留学, 社会人留学

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.