海外留学 社会人留学

『留学中にこんな太る生活してました』13キロ太った私が語ります

2020年3月7日

 

リナ
こんにちは。元外資系企業勤務。
現在は派遣として働きながら、旅行や留学の経験をブログで配信しています!

留学経験国→オーストラリア、ニュージーランド

ジェニー
『留学で太るって本当?』

『留学中に太る理由は?』

『太らない為にはどうしたらいい?』

 

こんな疑問を持っている方いますよね。

 

留学で太りたくない方、すでに太り始めている方、帰国後の減量に悩んでいる方へ向けた記事になっています。

 

この記事が書けた理由は、この私が一年で13キロ太って帰ってきた人間だからです。

 

『これが原因でしょ!』と気づける記事になっています!

 

 

目次

1. 留学で太る人が多い理由

 1-1. 英語が思うように喋れない為

 1-2. 手軽なものほどカロリーが高い為

 1-3. 大きい方を選択する戦略に負ける為

 1-4. そもそも気づかない為

2. 留学中13キロ太って留学後15キロ痩せた私からアドバイス

 2-1. 留学中に太らない為に気にかけること

 2-2. 留学中にダイエットをする方法

 2-3. 一番大事なこと

3. まとめ

 

 

留学で太る人が多い理由

私の体重↓

留学前45㎏ ⇒ 留学後58㎏

 

今見ても、苦笑いの数字です。

 

さすがに身体が重いと感じたのを今でも覚えています。

 

さあ、こんな経験をしたくない方へ向けた記事になっていますので早速、太る理由についてお話ししていきます。

 

1-1.英語が思うように喋れない為

第一の理由はこれだったと思います。

 

結論から言うと、日本にいた頃より極端に口数が少なくなった為【食に走ってしまった】のが原因です。

 

私が留学を決意した当初は“Hello”が唯一の知っている単語

 

言わずともわかるレベルの赤ちゃん英語なので、日本で日常的に話していた会話を英語で話せるわけがありません。

 

なるべく日本語を使うのを制御していたせいか、『口が寂しい』状態になっていたと思います。

 

語学留学で勉強をしに来る方で、自由にペラペラと英語を喋れる日本人は少ないと思います。

気付いていなくても話せないストレスの反動で食べ物に手が行くことは大いにあります。

 

アドバイスとしては、日本語でも十分喋る時間を作るのは大事かなっておもいます!

 

1-2.手軽なものほどカロリーが高い為

手軽なものほどカロリーが高い。

 

なんとなく気付く方もいますよね?

 

そうです!ジャンクフードです!

Mcdonald'sの写真

マクドナルドやハングリージャックス(日本のバーガーキング)♥♥

 

学生同士で昼食を食べる時、美味しく手軽で安い食べ物となると、
必然的にジャンクフードのお店へ入る機会が増えます。

 

町中にも手軽に食べれるお店がたくさんありますし、何より揚げ物パラダイスです!

揚げとけばうまいだろ!という考えが見え見え。。。

 

実際に私が学校に通っていた頃は、毎週火曜日はPIZZAの特売日でした!
毎週火曜日は必然的にピザパーティでした、、、

 

それも、ひとり ワンホール丸ごと!!

 

それを続けていれば、もちろん太ります。

 

クラスメイトとの英会話はとても大事ですが、毎週は避けたほうがよかったです、、とほほ

 

1-3.大きい方を選択する戦略に負ける為

まんまと戦略にハマったのが、この私。

 

スーパーでは、大きいサイズのスナックが小さいサイズより確実に安いです。

オーストラリア、ニュージーランドは、
『大小まるで値段が一緒!』ということもしばしば、、、

 

海外で節約している身なら、大きい方を選んでしまうのは当然かなと、、、

 

それを数日分けて食べようかな?って思っても、つい手元にあるので食べ過ぎてしまう、、

 

大きいのを買う

食べる量が増える

結果またすぐ買うという負のサイクルがやってくるわけです。

 

大きいサイズの格安スナック、、、注意です。

 

1-4.そもそも気がつかない為

4つ目は、太っていることにそもそも気がついていない!!!

 

実際私も、10キロ増量した時まで体重が増えているなんて気づきませんでした。

 

【私が犯した2つの問題点】

●体重計がなかったこと

 ホームステイ先でも、シェアハウスに移った際も体重計はありませんでした。

安く手に入るのにもかかわらず、買わなかったのが原因です!

もう少し早く体重計と出会っていれば、、、、

 

●海外の友達に甘やかされていたこと

 友達や関わっていた全ての人から、
日本人は小さいし細いから全然大丈夫だよー!!』と一年中甘やかされていました。

その言葉を鵜呑みにすると本当に10kgは軽く超えます!

 

そして周りに大きな方(太っているわけではなく、ガタイが大きい方)が多いので、自分は太っていないと錯覚に陥ります

 

 

 

留学中13キロ太って留学後15キロ痩せた私からアドバイス

 

いや~今でも当時の写真をみると顔がアンパンマンにしか見えない。。。
リナ
カエル君
....( ;∀;)

 

説得力はないですが、太らない為のアドバイスをしたいと思います。

 

2-1.留学中に太らない為に気にかけること

①スナックには極力手を出さない

最強の敵は手軽に食べられるスナックです!

 

私の場合は、最初にTimTamを買ってしまったのが原因だと思います。

TimTamの画像

オーストラリアで有名な【TimTam】
日本よりフレーバーも豊富で、安い!!

初めてのフレーバーを試してみたい!と思い購入して食べていました!

 

1パック10個入りで、最初は1日1つでも満足していたのに
数ヶ月経てば、10個入りを一日で食べれるようになっていました。恐怖です。

 

しかも、チョコレート類(キットカットとか)、マフィン、クッキーなど日本に売っているものより断然甘味が強いです。

 

その甘味に慣れてしまうと、実際に日本で食べていた量と変わりはなくとも体重は必然的に増えると思います。

 

私はチョコが大好きだったのでその甘味に慣れてしまったというのもありますが、
スナック好きの方は制御することをおすすめします

 

②留学前に履けたジーンズを定期的に履く

ジーンズの画像

ジーンズは伸び縮みが少ないので、太ったかどうか目安として知りやすいです!

 

ちなみに私が履けなくなったジーンズは3本です。

 

気が付かなかった原因は、留学中にそれらのジーンズと向き合わなかったから。と思っています、、

 

2-2.留学中にダイエットをする方法

自主的に運動しましょう!

 留学中は勉強、遊び、バイトと慌ただしいと思います。

 

しかし、オーストラリアやニュージーランドは公園やビーチで景色を楽しみながら歩けるところが多くあります。

 

私の友達は、学校まで交通機関を使わずに、30分歩いて登校していたり、休日に軽く歩いたりしていたそうです!

日常に運動を取り入れるのが、一番良い方法かもしれません!

 

お金に余裕があればジムへ通う

 海外には24時間開いているスポーツジムがたくさんあります!

 

最近は日本でも増えましたが、私が留学していた際はかなり珍しく、発見したときは驚いたのを覚えています!

 

出勤前に通う方も多くいるようで、お金に余裕があれば通ってみるのもいいと思います(スタッフと話して英語の勉強にもなる)

 

シェアハウスであれば、自炊を心がける!

 外食でのカロリーは凄まじいと思ってください。

 

なるべくスーパーで買い物をして自炊を心がけましょう!

 

ホームステイの後にシェアハウスに引っ越す際は、ホストファミリーからオススメレシピを教えてもらってもいいと思います。

 

ホームステイであれば、アイスは少なめに!

 食後に大量のアイスクリームを食べるのは、アメリカだけだと思っていました。

オーストラリアのアイスクリーム

 

日本のように個々で売っているタイプのがまれで、巨大なアイスクリームを自宅で常備、その都度すくって食べています。

 

食べたい分だけ食べれてしまうのがまた恐怖です。

 

『少しで大丈夫〜』とホストマザーに伝えて制御しましょう!

 

2-3.一番大事なこと

ここまで、太らない為に私のダメ経験を紹介してきました。

 

しかし、一番大事なことは『自分が一番楽しめているか』だと思います。

(そんなこと言っているから太ったんだけど)

 

実は、13KG太った私ですが、日本に帰って数ヶ月で元の体重に戻りました

 

普通の生活をしていただけです。

 

特に、これといったダイエットはしていません。

 

私は太りやすい体質で普段そんな簡単に減りませんが、日本に帰れば確実に体重は減ります

そのくらい日本食はヘルシーだと実感しました。

 

なので、今となっては13Kg増もいい経験だったと思っています

 

特に若い時は、自分の体型や見た目が気になりがちですが、大人になるにつれて『いかに自分が楽しめているか』を気にするようになります。

 

歳を重ねるごとに人から目線ではなく、自分目線で自分を見れるようになってきます。

 

 

もしあなた自身が今の体形で満足しているなら、今のあなたの体形は完璧です

 

人にどう思われるかではなく、自分がどうありたいかを考えて欲しいと私は思います。

 

 

体重はいくらでも戻せるけど、思い出や今この瞬間は一生戻りません。

 

ピザパーティーやお菓子パーティー、多国籍料理パーティーなどなど、たくさんのことを海外でやりました!

夜中に友達とピザを食べに抜け出したこともあります!

 

今この時にしかできないことを存分に楽しんでほしいです

 

私の留学生活は全てが良い思い出で、一生忘れない記憶に残るエピソードばかりです。

 

 

今あなたが『心から楽しい!』と思えるようであればそれでいいと思っています

 

もちろん体調を考えてヘルシーな食事にするのは良いことです!

でも体重を気にし過ぎて楽しい日常を崩すのは、やめてほしいなって思います

せっかくの海外生活あなたなりに楽しんでもらいたいです!

 

 

留学で太らない為に

  • 食べるより喋る
  • ジャンクフードは控えめに!
  • 値段が一緒でも小さいサイズを買おう!
  • ピッタリのジーンズを定期的に履くようにする
  • 交通機関から歩き通学に変えてみよう
  • 24Hジムを利用してみる
  • 友達の『大丈夫だよ~!』の言葉には気を付けること!

 

みんなの留学が楽しいものになればうれしいです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

降幡 りなと申します! 私の留学・ワーホリ経験をシェアできたらと思います ■■留学、旅行を中心にブログ配信中■■ 【今まで行った国】 オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、シンガポール、マカオ、インド、イギリス、フランス、スイス

-海外留学, 社会人留学

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.