海外留学

元外貨両替スタッフが教えるイギリスポンドのお得な両替方法

2020年7月14日

アイキャッチ画像

空港の外貨両替所で働いていたリナです。
今日はイギリスポンドの両替についてお話ししたいと思います!
リナ
ジェニー

  • どこで両替するのが安いのかな?
  • 日本で両替?イギリスで両替?安いのはどっち?
  • 旅行では現金はいくら必要?

このような疑問を今回はすっきり解決しようと思います!

 

両替所のスタッフとして働いていると一番受ける質問はこれ。

 

「どこが一番安いですか?」
「どのくらい現金を持っていったらいいですか?」

 

お客様からの質問は上記2つの質問が圧倒的に多いです。

 

私がイギリス旅行をした経験、また実際にイギリスに向かわれるお客様から教えていただいた情報を基に、両替でお悩みのみなさんに共有していこうと思います。

 

「渡航前にこの記事読みたかった!」と旅行前の自分に向けて書いたので、今から旅行にでかける方・留学・ワーホリ行く方にはかなり役立つ情報になっています。

 

 

この記事を読んでほしい方
  • イギリスへの長期留学や・ワーホリを控えている方
  • イギリスへの旅行や短期出張を控えている方
  • 両替をどこでしたらいいかわからない方
  • なるべく「安く」「安全」に両替をしたい方

 

 

1.外貨両替スタッフが教えるイギリスポンドのお得な両替方法

イギリスポンドは日本で両替するのが一番安い

まず一番安くイギリスポンドを両替する方法は「日本国内で両替をすること」です。

なぜ日本で両替がいいの?
  • イギリス国内での両替と大きくレートは変わらない
  • 国内のが安全でスムーズ
  • ”時間”と”費用”の無駄がない

 

 

そして「少額なのか多額なのかで両替場所を変えること」が重要です。

  • 少額(3万以下)⇒ 金券ショップ
  • 多額(5万以上)⇒ 外貨ネット宅配サービス
なぜ両替場所を変えるの?
  • 少額なら送料のない金券ショップが一番お得だから
  • 一定金額以上なら、外貨ネット宅配が一番お得だから

 

日本とイギリス国内でのレートの違いは本当に微量です。日本で早めに両替をしていった方が安心ですし、現地で無駄な時間を割かなくてすみますよね!

 

現地到着後 よいレートの店を調べて つたない英語で両替をするよりは、日本で手っ取り早く両替をしていくほうが確実に時間も費用も節約ができます。

 

それでは日本とイギリス国内で両替できる場所を、一般的にレートが安い順に紹介していきます。

 

日本で両替できる場所

日本の両替所|安い順
  • 外貨両替ネットサービス
  • 金券ショップ
  • 銀行
  • 空港

 

1. 外貨宅配サービス注文

私が真っ先におすすめする両替方法は、ネット外貨注文サービスを利用することです。

店舗を構えている空港店や銀行、金券ショップより低コストで運営をしているからこそできるレートの安さです!

 

  • レート・手数料が安い
  • 24時間好きな時間に注文できる
  • 即日対応・即日出荷
  • 対面で人と会わなくていい(コロナ過において需要が高い)

  • 10万以下の両替だと送料がかかる

 

私のおすすめのお店は「外貨両替ドルユーロ」さんです。

HPを見てもレートや手数料が安い理由が明確で安心できます。

 

また筆者自身が「外貨両替ドルユーロ」さんを安心して紹介できる理由として、お客様からの高評価が多いところ。なんと現時点で口コミは900件以上!とても信頼できるお店です。

 

リナ
15時までの注文なら即日出荷も行っており、ネットなのに時間がかからないのがいい!

外貨両替ドルユーロ様から特別にクーポンコードを発行していただきました!

いまならこちらの【クーポンコード⇒agm042】が使えます。
クーポンコードの入力がないとクーポンの適用ができません。お忘れなく!

 

2. 金券ショップ

次に安いのは、新幹線や野球のチケットなどが安く手に入るお店「金券ショップ」です。

 

  • レートが安い
  • 即日両替

  • 店舗に出向く必要がある
  • 店舗によって手数料がバラバラ
    (安いお店を歩いて探す必要がある)
  • 対応していない外貨がある

 

空港や銀行よりは手数料とレートはよいので、日本で外貨を用意しておきたい方で3万円以下の少額両替を希望の方は「金券ショップ」がおすすめです。

 

3. 銀行

「銀行での両替だと安心」という理由で銀行で両替を行う方もいますが、レートと手数料は高めです。

日本国内であれば、銀行でなくても両替は基本安心して行えます。

 

  • 安心感がある

  • 店舗に出向く必要がある
  • レートが高い

 

実は私が留学前に外貨両替を銀行で私用とした際に、受付銀行員の方が「銀行はかなり手数料が高いので他で両替する方がいいですよ~」とこっそり教えてくれたことがあります。

 

外貨両替所で働き始めて毎日レートをチェックする立場からも、銀行の外貨両替レートはかなり高いといえます。

よほどの理由がない限り、銀行での外貨両替はおすすめできません。

 

4. 空港

空港の両替所はレート・手数料どちらも市中店と比べるとかなり割高です。

どうしても空港で両替をしなくてはいけない方は、空港直営店で両替をした方が手数料が安いです。

 

もしくは、交渉をする。
「このお店でこれだけ安かったけど、これより安くできますか?」とお店の方に聞いてみてください。

 

両替金額によって、レートを落とせたりすることもありますので恥ずかしがらず聞いてみてほしいです。

  • 出発直前に両替ができる
  • すぐに受け取れる

  • レートが高い
  • 高額両替は時間がかかる
    (金額によっていろんな身分証明が必要)

 

イギリス国内で両替ができる場所

イギリスの両替所|安い順
  • 市内の両替所
  • ATM
  • 空港
  • 銀行
  • ホテルのフロント

 

1.  市内の両替所

イギリス市内にある両替所では、銀行や空港内の両替所と比べるとお得に両替できます。

 

  • レートが安い

  • 全て英語でのやり取りが必要
  • 両替所を探すのが手間

市内での両替レートは空港などに比べると安め!ですが街中までの道中に現金がないのは何かと不安になるし、そもそも両替所どこにあるの?と探す手間なので旅行者には無駄な時間が多くデメリットになります。

 

2. ATM

ATMでお金を両替するのは、キャッシング機能付きのクレジットカード、もしくはデビッドカードを用意する必要があります。

 

ATMは街中いたるところで見つけることが出来るので、引き出し手数料が安いカードを持っていけば お得に両替可能です。

 

しかし、イギリスのATMは日本のように店舗内にあるわけではなく、下の画像のように道にそのまま設置されています。

このスタイルに慣れていない観光客がこのおおっぴらなATMで現金を引き出すのは結構危険。

 

安全面を考えると日本で両替を済ませておくか、空港で両替をするのをおすすめします!

  • ATMの種類、銀行・カード種類によってお得に両替できる

  • 日本のATMのように安心感がない
  • 安全面が不安

 

3. 空港

日本と同じく、空港での両替は市内の両替所と比べるとレートは高めです。

現地に着いてすぐ現金を確保できるのがメリットですが、お得かどうかを考えるとおすすめではありません。

  • ついてすぐに現金が受け取れる

  • 全て英語でのやり取りが必要
  • レートが高い

 

4. 銀行

現地の銀行で両替を考える方は少ないと思いますが、現地の銀行も両替レートは良くありません。

旅行中にわざわざ銀行を探して両替をするよりは、日本で両替をしていった方が効率がよく、時間も節約できます。

現地でどうしても両替が必要になりATMでの両替が不安な方は、安全な銀行内で両替できることを覚えておくくらいで良いと思います!

 

5. ホテル

一部のホテルでも受付で外貨両替を行っていることがあります。

しかしホテルを挟むことでさらに手数料が発生し、通常の手数料よりも上乗せで払わないといけないので最も手数料の高い両替方法です。

ホテル内での両替は安心という点ではメリットですが、金額的には少しデメリットが大きいです。

 

【結論】日本の「ネットサービス」か「金券ショップ」での両替が一番安い

安全面・手間・手軽さ考えると、日本で両替を行ってから海外に行くほうがメリットは大きいと言えます。

 

空港の外貨両替所で働いていると時間ギリギリになって両替する方や空港が一番安いと思っていたなど、出発直前になって両替に失敗した!という方を多く見かけます。

 

私自身 外貨両替所で働く前は、買い売り、高い安いなど時間がない中で判断ができないことも多く、事前に自分に合った両替方法を知りたかったと思うことも多かったです。

 

旅行だけでなく、特に留学やワーホリを控えている方は多額な両替をする方もいますよね。

 

リナ
初心者の方はとくに不安が大きいですよね。
私自身もシンプルでわかりやすく安心感のあるお店で外貨両替をしたいと思っています

 

外貨両替ドルユーロ」さんのサイトはとても見やすく、店舗を構えないからこそ安く安心して外貨両替を行っていただけます。
(スタッフさんの顔も載っていて安心できる!)

外貨両替ドルユーロ様から特別にクーポンコードを発行していただきました!

いまならこちらの【クーポンコード⇒agm042】が使えます。
クーポンコードの入力がないとクーポンの適用ができません。お忘れなく!

 

とりあえず安く!安心!スピーディー!を求めている方は外貨両替ドルユーロさんがおすすめです。

 

2.【滞在期間別】イギリスポンドの両替金額

1週間程度の旅行なら4,000円あれば十分足りる

1週間程度の旅行なら、現金は4,000円程度(20~30ポンド)で十分足ります。

 

そんな少額?!!と思いましたか?そんな少額で大丈夫です。

 

理由を順番に説明していきます。

イギリスの9割の場所でクレカが使えます

イギリスはほとんどのお店でクレジットカードが使えます。

 

クレジットカードを使って買い物をする予定の方は、現金はほぼ必要ないと思って大丈夫です。

 

電車やバスの移動は、SUICAのようなチャージ式の交通ICカード「Oyster Card」を利用するので現金は必要ないです。

 

チャージはもちろんクレカでできますし、現金よりお得に乗ることができます。

 

「Oyster Card」詳しい情報は下記からどうぞ♪

イギリスの交通ICオイスターカードを使い倒す!旅費節約術!

リナこんにちは!まだまだ外出を控えないといけない時期ですね。 そんな中、家での脚痩せエクササイズを実行中のリナです。 いままで訪れた国→中国、香港、マカオ、シンガポール、イギリス、フランス、スイス、イ ...

続きを見る

 

イギリスで現金が必要な場所

主に現金が必要な場面
  • コインランドリー
  • チップ
  • 有料トイレ
  • 出店や商店街の小さなお店

 

上記の中で私が旅行で現金が必要になったのは、コインランドリーとレストランのチップ。

 

コインランドリーはコインでしか対応していないのでコインは絶対必要でした。

 

一回の洗濯&乾燥で5ポンドは必要なので、用意しておくと便利。

 

チップは旅行のスタイルによりますが、私はだいたいが貧乏旅で高級レストランには行かないのでチップが必要になる頻度は少なかったです。

 

唯一必要だったのは、フォートナム&メイソンでアフタヌーンティーをした時に5ポンド札を机に残したときくらいです。

 

高級なレストランに行く予定が多くある方は、チップは多めに必要です。

 

私は有料トイレに当たることはなかったですが、主に観光地のトイレで必要になることが多いです。

 

ここでも現金オンリーな場所がほとんどで、20~50ペンス程度が必要です。

 

イギリス観光の楽しみでもあるイギリスのマーケットは、小さなお店は現金払いだけお店もありますが、私が行ったマーケットではクレジット・現金どちらでも決済ができるところがほとんどでした(ロンドン市内のマーケット)

 

余談:5日滞在で60ポンドは多かった実話

私が5日間の滞在で持って行った金額は、60ポンド(約8,000円分)

 

結果、60ポンドはかなり多かったです。

 

最終日には半分近く残っていたので、帰りの空港で必死に現金を使って減らしました。。。。。

 

「両替すればよくない?」と思う方もいると思いますが、私がイギリスポンドから日本円に両替をしたくない理由は次の「イギリスポンド両替の注意点」に書いています。

 

ですので、短期滞在であれば4,000円程度(20~30ポンド)持っていくことをおすすめします。

 

長期滞在時は5万~10万前後の両替がおすすめ

長期滞在をする方、留学やワーキングホリデーを予定している方は5万円~10万円前後の現金持っていくことをおすすめします。

 

実際に留学やワーキングホリデーとなると、現地到着して一週間程度はバタバタして余計なことを考えている暇がないです。

 

レートや手数料を気にしてどこで両替をするか考えるより、日本で安く両替をし現地ですぐに銀行口座をつくって口座にその現金を入れておく方が手っ取り早いです!

 

もちろんクレジットカードがある方はATMで下ろすことも可能ですが、レートや手数料はATMや時期によっても異なってくるので、確実な方法は日本でのネット両替がお得。

 

 

3.イギリスポンド両替の注意点

現金は余らせない。イギリス現地で使いきってこよう!

両替所で働いていると帰国後に外貨→日本円に再両替をする方も多いですが、通貨の価値が目減りしてしまうので、できれば現地で使い切ってきてほしいです。

 

帰国後に両替をして、同じレートで両替ができると思っている方が本当に多いです。

 

旅行前に両替をした外貨を再度日本に戻した時に、損をしてしまう理由を説明していきます。

 

▼下記の画像は、最近の換金レートを私がおすすめする外貨両替ドルユーロさんから持ってきました。
※レートは随時変わるので、ただの例としてみてください

引用サイト:外貨両替ドルユーロ

例では、わかりやすく端数は無視して説明していきます

 

旅行出発前に、100ポンドを両替したとします。
上記画像の、オレンジ枠「外貨を買う」のレートになるのでレートは142円
142円×100ポンド= ¥14,200 を払って100ポンドを手に入れました。

そのまま現地で100ポンドを使わず、再度日本で日本円に戻すとします。
今度は、ミドリ枠の「外貨を売る」のレートになるのでレートは130円
130円×100ポンド= ¥13,000 を100ポンドと引き換えにお店の方からもらえます。

 

 

14,200円→13,000円まで金額が落ちてしまいました。
外貨の金額は変わってないのに再度両替をするだけで、1,200円も損をします。

 

 

イギリスポンドだけではなく、どの国の通貨も手数料の関係で両替した金額より低い金額で日本円に戻されます。

 

そして再両替をすることで、2回分の手数料がかかってきています。

 

私が頑なにイギリスポンドを現地で使った理由がコレです。一度両替をした現金は、なるべく現地で使ってきましょう。

 

小銭は現地でしか手に入らない

イギリスではコインランドリーやトイレなのでコインを使う機会が多くあるので、「コインがあると便利なんだ!」と思った方も多いですよね。

 

しかし、残念なことに日本で外貨コインは手に入りません。そもそも日本の両替所には小銭は出回っていません。

 

どこの両替所にいっても紙幣のみを取り扱っているので、コインが欲しいと問い合わせがあってもお渡しができません。

 

そのため現地に着いてから、早めに紙幣を小銭に細かくしておく必要がでてきます。

 

方法としては何かを買って細かくするしかないのですが、私は空港に着いてすぐに水やスナックを買って紙幣を小銭にしました。

 

ちょっとお財布が重くなってしまいますが紙幣を優先して使うようにしておけば、コインが必要になった時に焦りません。

 

私は意識していたのにも関わらず、コインが必要なときに足りなったこともあったので積極的に紙幣を崩すことを覚えておくと良いです。

 

 

イギリスポンドのお得な両替方法 まとめ

  • イギリスポンドの両替は日本で!
  • 少額両替なら「金券ショップ」、5万~10万以上なら「外貨両替ドルユーロ
    【クーポンコード⇒agm042】
  • 両替した外貨はなるべく現地で全て使いきる
     再度両替をすると外貨の価値が目減りするので、なるべく使い切る
  • 紙幣はなるべく早く小銭にくずしておく
     日本で外貨コインは受け取れないので、現地に着いたら早めに細かくすると便利

いかがでしたか?

 

外貨両替に関して「なるほど!」と思ったこともあるのではないでしょうか。

 

是非お得に安全に外貨両替をして、現地滞在をたのしんでください!

 

ーEND-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リナ

Gブログ運営をしているリナです。
留学・ワーホリ経験をシェアしています!

【ワーホリ経験国】
・オーストラリア
・ニュージーランド
・イギリス(2022年YMS応募予定)

【旅行で訪れた国】
オーストラリア、ニュージーランド
中国、香港、シンガポール、マカオ
インド、イギリス、フランス、スイス

-海外留学

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.